スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ロボットと暮らす
2009 / 01 / 16 ( Fri )
先日日本から来られたお客さんが、飛行機の中で配るミニコミ誌のようなものを置いていった。観ていたら「ロボットと暮らす」と言うコラムがあった。

もう日本の老人ホームなどには、犬や猫などのペット代わりにロボットが置いてあり人気者になっているという、声をかけてくれるだけでなく一緒に散歩もしてくれるらしい。

LV12-11-0276

ロボットが使用されているのは、車の製造現場などだけなのかなと思っていたら、われわれ自身の身近なところへも進出していることを知って驚いた。

近いうちに人間と話をして、人間にサービスを提供してくれるロボットも登場するのだろう、それはロボットが人間並みというよりも人間以上の頭脳や力を持ち、あらゆる言葉を話すようになるのだろう。

LV12-5-0227

私いはそのころは、この世に存在しないだろうが、こういう田舎に多くの人達に囲まれながら住んでいると、あらゆることが人間で済むことで、果たしてロボットが必要なのだろうかと思ってしまう。

老人クラブ連合会の会長職を長く勤めさせていただいたが、やはり孤独な老人の方がいらっしゃった。

もっと老人を地域の中へ、社会の中へ誘い込んで、周りの人達と一緒に暮らしながら、孤独な老人を少なくしていくことが大切と思う、まだまだロボットに頼らなくても地域の人達で十二分に対処できるような気がしてならない。

こちらの言葉に 「 コマインカナ 」 と言う言葉がある、昔の福島の言葉で 「 よってがんしょ 」 と声をかけて、梅干や菊の酢漬けなどと空茶を出した感じとよく似ています。

人を見て第一番に怪しむことなく声をかけて、あるものを出してのんびりと話し込む、そして高齢者を敬うなどの精神が、今の日本に欠けていることかもしれないな。



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


スポンサーサイト
07 : 00 : 46 | その他 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<長らくお休みいただきました | ホーム | バナバ茶製造>>
コメント
--ママ Miyukiさん、 北の国からさん、ありがとうございました--

氷点下の世界が続いているようで、お体ご自愛ください。

こちらは29℃前後の過ごしやすい気温です、雲が多かったりしますが、基本的にはほとんど快晴の日が続いています。

ロボットは人で不足の日本では仕方ないことかもしれませんね、一方では働き手の多くが食を失っている状況のようですから、少しは人手が足りるようになるのではないでしょうか?

やはり高齢者施設は、人里はなれたところでなく、街の中心地に置くことが一番いいのではないでしょうか? 子供たちも高齢者と一緒に生活できますし、かなり環境が変わってくると思います。

日本のように資金力も高度な科学技術も無いせいかもしれませんが、フィリッピンでは自然に子供と高齢者が交じり合っています、もちろん働き盛りの方々も一緒の生活です。

ただ、子沢山のフィリピンでも一人きりの方々もいらっしゃって、そういう方々は街の中の施設に入っていらっしゃいます。

看護師などはほとんどが、雇用条件のいいカナダ、オーストラリアそしてアメリカ、イギリスなどの英語圏の国々へ行かれているようです。

日本よりも英語圏行きを選択している理由は、日本語の必要が無いということよりも、雇用条件が日本と比べて非常に良いことが原因のようです。

もし言葉の問題だけであれば、日本も今後多くの外国人の労働者が入国してくるでしょうから、そういう方々を対象とした看護師や介護士が必要になるわけですから、言葉の問題はあまりきつくしないほうがいいのではないかと思っておりますが、どうなんでしょうか?

by: yas * 2009/01/23 11:50 * URL [ 編集] | page top↑
--yuさん、ありがとうございます--

日本では人員不足から、機械やロボットも仕方ないのかもしれませんね、自分としてはなんとなく冷たい感じが強いてしまって、やっぱり人間対人間でお願いしたいと思ってしまいます。

まだ、自分で歩ける身なので問題はないのですが、すぐ目の前に介護が見えていますので、気になってしまいました。

おでんの季節なんですね、ここでは一度もいただいておりませんよ、こちらは暑いと言う感覚からか、どの他も持参してくれません。日本に滞在中はよくいただきました。

ちくわぶと言うのは、確か団子のような食材でできたものでなかったでしょうか?

私は貧乏な家庭で育ったものですから、味噌汁にうどん粉で作った団子を入れた団子汁を、ご飯の代わりに良く食べさせられました。

当時は「またか」の感じでいやいや食べていましたが、今は懐かしさのあまり時折食べております。
by: yas * 2009/01/23 11:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

理想はロボットなどの助けが要らない生活ですよね。
しかしながら、悲しいかな 必要性を認めざるを得ないところにきているのかもしれません…

せめて、自分達の周りは「人」な生活を維持していければと思っています。

暦の上では大寒が過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
夕飯にはおでんなど登場しますが、フィリピンでは召し上がれますか?
そうそう、YASさん ちくわぶ はご存知でしょうか?
by: yu: * 2009/01/22 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

このカインカナの精神は良いですね、助け合いにも活かせてます。

ロボットは要らないんです、人との交流が有れば!
でしょう?人との繫がりが大事だと思いますが…
by: ママ Miyuki * 2009/01/17 15:28 * URL [ 編集] | page top↑
--ロボット--

日本は寒波が押し寄せ軒並み氷点下の世界です。
この寒さは、フィリピン人には想像が付か無いかもしれませんね。

この寒い日本から離れて生活しているYesさんを羨ましく思います。

そうですね、日本は医療や介護の現場にロボットが徐々に入り込んでいます。

介護士が補助具を装着し軽々寝たきりの人を抱き抱えられる器具も出来て居るようです。

介護福祉士にフィリピン人を日本に招いて・・・等のニュースが流れていますが、日本語での試験をパスしないと資格が取れない様ですが、その様な事では英語圏の国へ流れて行ってしまうでしょうね。

大事な働き手が日本から離れて行かない様に工夫をして欲しいですね。

北の国からでした。
by: 北の国から * 2009/01/17 05:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/754-dac70865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。