スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
久しぶりの散歩
2008 / 11 / 24 ( Mon )
天気快晴33℃、風あり、停電なし、すごしやすい天気

LV22-0840

リハビリも毎日通っているので、少し効果が出てきた、久しぶりに散歩に出かけた。

LV22-0801

山間部へ向かった、のんびりだがベットやいすを作って現金収入を得ている、特にこれからの時期はクリスマスに向かって進むから現金収入は貴重だ。

LV22-0796

フィリピンでは子沢山で学校の教室がすし詰というよりも、教室からはみ出すほどの子供たちが学校へ通う。団塊の世代が小学校へ通った時期よりもすごい数だ、とにかく子供はものすごい数だ。

LV22-0791

日本が1学級を確保できないで、統合する学校がたくさんあると聞く、少子化と騒がれて久しい、せっかくの妊産婦も助けられないで命を落とす、産婦人科医師も不足して産婦人科閉鎖に追い込まれていると聞く、フィリピンの都会は日本同様病院で産むのだろうが、田舎では昔の日本同様自宅で生む方も多いと聞く。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


スポンサーサイト
07 : 27 : 17 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<植木台の製作 | ホーム | リハビリ>>
コメント
--haruyuさん、ありがとうございます--

私と同じふるさと福島出身だそうで、ほんとうに寒いですよね。

そういう点からフィリピンへ移住いたしました、日本が寒い季節になると、こちらの暖かさにいつも感謝しております。

背筋を伸ばして、きびきび動き回ることができる幸せを味わっております。自分だけと思うことから、ふるさとの老人クラブの仲間たちに声をかけております、時折こちらへこられますが、やはり暖かさには驚かれています。

観光地でもないので、観光気分でなく暖かいところでのんびりすごすことを目的に来比してもらっています。

学校は増築をしているところが多いですね、親戚の子供が近くの小学校に通っておりますが、1学級60人近くで10クラスもあると聞きました。

教科書が足りないそうで、もうぼろぼろのものを代々使っているようです。子供の数はものすごいです、世界人口12位のフィリピンは、1日2400人の赤ん坊が生まれているらしいです。

2010年には人口が1億人を越すといわれており、日本の人口と逆転するらしいですよ。
カトリック国であるために中絶を禁止していることもあると思いますが、本当に若い国という感じがします。

ただそれだけでなく、両親や老人、年上の人などを大切にする精神がいまだにありまして感心させられます、こういう点でも昔の日本を思い出します。

お医者さんは、別に少ないと思ったことはありませんが、やはりアメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど英語の通じる国々へ行かれる医師、看護し多いようです。

1年以上滞在すると、家族全員に査証が得られたり、住宅が与えられたりといろいろな得点があるようですから、日本へ行く医者は少ないと思います。

国内のお医者さんも、アメリカへ研修にいかれたかたがたも、いて頼りになります。ただ、こちらは日本のように全国民が国民健康保険に加入するシステムではないので、国立病院の余殃に診察が無料でないと大変のようです。

詳細な資料に基づく内容で無いので、あるいは違っているところもあるやも知れませんことお許しください。

ありがとうございました。

by: yas * 2008/11/25 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
--tanpopoさん、ありがとうございます--

tanpopoさん、とんでもないですよ、私など指導できるものではありません。フィリピンでは手作りの家具類から家庭で使用するものは近所でほとんど作られています。

昨今は安価なプラスチック製品に押されていますが、やはりてつくりでの竹細工はいいですね。リヤカーいっぱいに積み込んで販売しています、写真のベットや椅子などは路肩に並べて販売されております。

ドアなども各種の彫り物でなかなかいいものがありますよ、フィリピン人も手先が器用で工芸品は味わいのあるものが結構あります。

何よりも安価に手に入ることがうれしいですね。

手作り製品は元々日本人の専売特許の感がありますね、大量生産製品に押されてしまい、ものづくりをする方はだんだん少なくなってしまっているんじゃないかと思います。

ものづくりの現場にはその道何十年の神様がいて、すばらしいものを作られていたと思うのですが、そういう神様も私と同じ高齢者となってしまい、跡を継ぐ方もいないという業種もあるんじゃないでしょうか?

フィリッピンでは、神様クラスが存在するかどうかわかりませんが、身の回りの方ほとんどが手作りをされます。私の実家でも昔は、必要なものはよく手作りしたものです、ここにいるとタイムマシンで昔にもどった気持ちになることが多々あり懐かしさを感じます。

流通に乗るようなことでなく、効率が悪くても人間同士が人間関係を大切にしながら、手作りで物を作るという、現代日本では感じられないようなことがゆっくりした流れに沿って進んでいます。

やはり観光地でない、何も無い田舎は不便なだけに住みやすいですね。
by: yas * 2008/11/25 10:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

 YASさんがベットやイスを作るんですか?3番目の写真のYASさんが指導して地元の人に作らせているんですよね?材料に竹をつかっているみたいなので 今度は竹ざるなんかどうでしょうか! いっぱい稼いでください、後1ヶ月ですね!
by: tanpopo * 2008/11/24 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんわ--

日本は寒くて、マフラーや何やらで、完全武装での出勤の毎日なので、33℃と聞いて羨ましい限りです
私は、福島という北国(?)生まれ育ちのくせに 寒がりですし(苦笑)

フィリピンは、子供が多いんですね?
学校からはみ出すぐらいということは、学校自体足りていないということなのでしょうか?
日本は、おっしゃるとおり、統合やクラス数が減っているのが多いようですよ。

病院、医者の数はどうなのでしょう?
日本は 新しい病院 医院ができている印象の割には、いざという時に対応してくれるところが少ないようで、矛盾というか疑問が大きいですね。
by: haruyu * 2008/11/24 19:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/612-8cac2526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。