スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
フィリピンの もみ の乾燥
2008 / 10 / 04 ( Sat )
朝から晴れ渡っていた、高層雲が薄くかかった一日だったが、寝具の乾燥を行った、気温は久しぶりに32℃まで上がった、風があったので暑さはそれほどでもなかった。

LV03-4-4441

先日の道路でのもみの乾燥の写真、メールをいただきましたのでもう少し写真をご紹介いたします。

米の収穫は日本ではすでに機械化が進み、昔のように稲刈りの後天日干しなどせず、稲刈りと同時にもみにしてしまい、もみを乾燥機で乾燥させてしまうという方法のようですが。

LV03-1-4442

フィリピンでは、稲刈り後脱穀機で脱穀をして、もみを道路で乾燥をする方法が取られます。近くにバスケットコートなどの広場がある場合には、その手のところが利用されますが、ほとんどはみじかな道路を利用されます。

LV03-3-4412

通行車両は、なるべく乾燥米を避けて通行しますが、何せ片道が乾燥米でふさがっていますので、対向車両が有る場合には、乾燥している米の上を遠慮なく通行します。

LV03-2-4425

田んぼの稲を見ても、日本のイネのように頭をたれていないのですが、乾燥している米を見るとやはりそれほど実が入っていないように見えます。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


スポンサーサイト
08 : 17 : 13 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<真っ赤な夕焼け | ホーム | バナバ茶>>
コメント
--Takaoさん、SHOさん、ありがとうございます--

Takaさんは、こちらに住まれていたそうですが、私はここ中部ルソンの西端の南シナ海に面したサンバレス州の片田舎での体験だけですが、フィリピンでは全土そうなんでしょうね。

ハエタタキは、皆さんから質問されるのですが、ついつい癖になってしまいまして、マニラへ出るときも気が付くと、ハエたたきを手にしていてよくマニラの息子から注意されてしまいます。

SHOさん、私は82歳でこちらに移住して2年になりますが、毎日起こる事が昔の日本での自分の体験と一致することが多々あり、ボケた頭の中から思い出させてくれる懐かしい記憶、これは何よりも大切な頭の体操です。

私は福島県の北部に住んでおりましたので、寒い冬季間に体がカチカチで、非常に危険な状況で、凍結道路で良く転んで体を痛めておりました。

さらに、家内が亡くなってから3年ばかりうつで悩みましたが、こちらに移住してから精神的にもすっかり健康体となりました。

常夏の国フィリピンの暖かいところで体の調子も取り戻せまして、ますます元気一杯で、あちこち歩き回っております。

散歩のおかげで、こちらの皆さんとお会いできて、腹の底から笑いがこみ上げることが有りまして、笑いがこれほど大切なことかと感じています。

福島では老人クラブ連合会の役員をさせていただいておりましたので、多くの一人住まいの高齢者の方々とお付き合いをしておりました。

自分だけがいい思いをしないで、できれば希望する方々を、寒い冬季間だけでも暖かいこちらで過ごされる場所を準備できればと思っています。

私の場合には、息子がマニラに25年以上居住しておりましたので、こちらでの移住の準備を心配する事はありませんでしたが、何の知り合いもいらっしゃらない場合には大変な労力が必要になると思います。

そういう面倒な手続きをしないで、南国フィリピンの田舎住まいを体験できるように、自分が恩返しをすることができるようにしたいと思っております。

最近友人がこちらへ訪ねてくることがありますが、自宅の狭い部屋で住んでもらっております。訪ねてくる人数が多くなれば、気軽に住んでいただける部屋や、菜園や花木などの面倒で身体を動かす場所も必要かと思っており、いろいろ考えているところです。

大げさですが、ここまで長生きさせていただいたので、日本への恩返しで、血縁ではなく仲間と作ることができる場所、まず高齢者の日本人同士がかかわりあいながら暮らせる場所を準備できればと思っております。

気を使わないで、気軽に来比して身体を元気にして、また日本へもどっていけるよう、来比の回数を重ねて日本への帰国が面倒になったら、そのまま住めるような場所を確保できたらと思っております。

何か取りとめのない文章になってしまいましたお許しください。

ありがとうございました。
by: yas * 2008/10/05 11:23 * URL [ 編集] | page top↑
--戦後の日本の田舎でも見ました--

ここ1、2ヶ月前にたまたまサイトを見ました。ご高齢で移住されたようで魅かれました。
私は冬に弱い体質になってしまったので少なくとも冬だけでもフィリピンで暮らせたらと思っています。
私は去年還暦を向かえました。戦後、刈り取ったもみを乾燥させるのに自宅の庭で足りない農家では、道路に干していました。懐かしい光景です。今では日本の実家近くでは考えられない光景です。
by: SHO * 2008/10/05 01:05 * URL [ 編集] | page top↑
--私も、よく見た光景です。--

Takaoです。今晩は。
「Tanay」でも、よく見る光景です。
米を、狭い道路に干しているので、車で通る時、米を踏んで居る光景を見ます。しかし、怒る人が居ないので、不思議でした。
又、「ハエたたき」。私もフィリピンに滞在の折には、いつも持ち歩いております。何せ「ハエが多い」ので。                                              以上
by: Takaoです。 * 2008/10/04 21:05 * URL [ 編集] | page top↑
--itiさん、ありがとうございます--

写真参考にさせていただこうと思っております。よろしくお願いいたします。

フィリピンへ移住いたしまして、もう2年になります、まさに常夏の国ですが、思ったほど暑くないので驚いております。

みなさんざぞかし暑いでしょうといわれますが、30℃を超える事は余りありません。薄での毛布がないと、寒くて眠れないときもあります。さすが24℃程度より気温が下がることはないようです。

毎日笑いながら暮らせて幸せです。暖かいせいで健康が取り戻せましたし、ストレスが全くないですので、精神的にも非常に健康になりました。

これもマニラのような都会ではなく、田舎暮らしの賜物と思っております。質素ですが、ゆっくり、のんびりマイペースで生活をしております。

私と同じ環境の一人暮らしの高齢者の皆さんには、是非遊びに来ていただければと連絡を取り合っております。

ありがとうございました。

by: yas * 2008/10/04 19:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちわ。ブログのぞいていただき、またお褒めの言葉、ありがとうございます。
写真、日本ではなかなか出ない南国の色が出ていますね。でも、思い切った田舎生活ですね。これからもよろしくお願いします。
by: 朽木小川より * 2008/10/04 19:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/495-59d07fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。