スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
夏の思い出
2008 / 06 / 14 ( Sat )
昨日は雨無し、気温30度、停電なしと毎日快晴日が続いている。

フィリピンの夏は2月から4月ごろをいうらしい、この時期が学生の休みということもある(?)、雨が降らないで最高の時期だし、太陽は頭上(真上)から照らす時期だからだ。

smb-1-6813

そうなのだが、2月といえば我がふるさと福島は最高に寒い時期で、道路はカチカチに凍っている回覧板や連絡に出かける際に、何度転んだことか。

冬季間は身体も硬くなっているし、高齢者には本当に危険な季節だ。そういうことをまだ体が覚えているせいか、夏といわれてもピント来ない、夏は日本じゃ8月だよと思ってしまう。

ここでは、12月でも1月でも海水浴客がいないだけで、年中泳げるからさらにピント来ないのかもしれない。

smb-8-7040

この時期には、観光地でもない南シナ海沿いの、この田舎町がマニラや内陸部のパンパンガなどからの海水浴客でにぎわい人口が急激に増える事は間違いない。

私のところにも、皆さんマニラから海水浴にいらっしゃるにぎやかな時期で、散歩以外でも浜辺に出ることが多くなるが、太陽の光が強いので長居は出来ないし、若い方がほとんどなのでご挨拶だけで失礼する。

smb-2-0602

特に、ここの浜辺は入江になっていることと、沖にさんご礁が有るせいか、波が高くなく海水浴にはもってこいの場所なので、北の岬から南の岬までリゾートがびっしり並んでおり、連日多くのお客さんでにぎわう。

このサンバレス州の南部(50キロほど南)は、波が高いとかで「波乗り男」達に人気らしいが、ここは波が高くないせいか、波乗り板を持った方はほとんどいない。

smb-3-0123

沖に出るとさんご礁が有るせいで、北側の岬の浜辺は砂浜でなく、長年の間に打ち上げられた小さな小石と化したサンゴの浜辺になっている ( ちょっとした観光スポットかもしれない )。

南側は火山の溶岩が海水に流れ込んだ感じの岬で砂浜はなく、この地域の漁民が住んでおり海岸は多くの小船でいっぱいだ、毎朝魚が入手出来る貴重なところ。

この岬の南側はまた砂浜が続いて、海水客用のリゾートがびっしりと続いている。

smb-9-9323
 ( 浜辺には巨大な仮設ステージ、夜な夜なバンドが出演して、若い方々で朝方までにぎわうらしい、ここでは騒音問題は生じないからさぞかしものすごい音なんだろう )

聞いた話だが、この海水浴シーズンだけで1年間維持するだけの収益を得るという、本当かどうかわからないが、確かに多くの人でにぎわっている事は事実だ。

smb-6-7056

一昔前(1991年)までは、この州の最南端スービックは、アジア最大のアメリカ海軍の基地だったために、このへん一帯が軍人やその家族などでリゾート化されたのかと思っている。

smb-4-0137

写真は、ビーチでカキ氷を基に、ナダデココ、ココナツ、寒天、アイスクリームなどなど色々入った、人気のあるハロハロ(ごちゃ混ぜという意味らしい)販売店です。

カキ氷は、白髪の伯母さんが氷をスライスさせて作ります、下に受け器があります、おどろきました!



スポンサーサイト
05 : 08 : 21 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<米の収穫 | ホーム | 新学期>>
コメント
--ゲンさん、ありがとうございます--

そうですね、お子さんがいらっしゃるからどうしても、お子さん中心の生活になりますね。

こちらは中部ルソンでも、マニラなどの都会からすると、「西の山の向こう側」という、見方をされます田舎町です。

夏の海水浴の時期を除けば、地元の人たちだけで、のんびり時計を見ないで過ごすにはもってこいの最高の場所です。

少し昔に舞い持った感じで、何でも身体を動かして行いますので、年寄の私には健康維持のために役立っています。

日本ですと老人の過疎地帯となるところですが、ここフィリピンでは毎日5000人も子供が生まれているそうで、ここも子供たちや若い方々で溢れています。

落ち着かれましたら、ぜひ一度田舎町を訪ねてください。
ありがとうございました。
by: yas * 2008/06/15 09:53 * URL [ 編集] | page top↑
--海水浴--

フィリピンは夏休みが終わった時期ですね。
海岸が近い場所は良本当に良いですね。 
子供たち、女性達のの楽しそうな感じががこちらまで伝わってきます。
私は子供の学校・病院もあり、あまり田舎には住めませんが、完全なリタイアならこのくらしは憧れですよ。
by: ゲンさん * 2008/06/14 22:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/45-50306560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。