スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長距離バス 2
2008 / 06 / 11 ( Wed )
昨日(10日)も快晴でした、夕方6時ごろから7時半ごろまで雷雨があり、恒例の停電は5分程度で復活した。

日本でも物価の高騰が問題なようですが、こちらも同様であらゆるものが高騰しています。

vl-9-080611-9
 ( 価格は毎日変更されます、張り紙形式で対応しています ) 

特にガソリンは、他の物価と比べると大変な価格になっています、すでに普通ガソリンが1リッターあたり52ペソ(約130円)前後、ジーゼル用も48ペソ(約120円)前後です。

もちろん日本と同様に都会や地方によって価格差はありますが、それぞれ急激な値上がりが続いています。

それに伴って、諸物価も値上げがされて、長距離バスの運賃も値上げ値上げと、値上げ攻勢が続いています。

vl-11-080611-17
 ( サンバレスのバスターミナル、行き先表示を見て乗車、切符は車内で購入する ) 

日本では、バスの運行は長距離バスでも、運転手さんだけのワンマンバスが多いですが、フィリピンでは昔ながらの運転手と車掌の二人体制です。

vl-7-080611-7
 ( ターミナルの売店は、何でもある、携帯電話のロードまでしてくれる ) 

女性の職場進出率が高いフィリピンの中(確か、アジア太平洋地区での女性の社会進出指数がしかも高い国はフィリピンで、最下位は日本だったと思います)では、珍しく男性だけの社会で、女性の運転手、車掌は見たことがありません。

vl-4-080611-4
 ( 集金に回っている車掌、手の指に紙幣を挟む特技は、思い出させるものがある ) 

どのような仕事でも、経営者が一番気にするのは、まずは営業収入でしょう。日本の場合には、乗車時も下車時も出入り口の精算機(機械)が処理をして、人間の介在を極力少なくしているわけですが、ここフィリピンでは機械よりもずっと安い車掌(人間)が全てを取り仕切っています。

私もフィリピンに移住当時から、他人様の収益とはいえ、このバスの運賃の現金の動きを気にしていたのですが、何回か乗車していると眼光鋭い監視人(監査役)が存在していることに気が付きました。

vl-6-080611-6
 ( 前も対向車も自社バス、とにかく本数が多い、ターミナルでのイライラ感はない ) 

絶対権力を持つ監査員は、もちろん停車場以外のあらゆるところから、バスを停車させて乗車して来ては、乗車時の乗車人数を数えて、車掌の切符発券のひかえ帳を検査し始めます、その間約10分程度でしょうか?

終了後は適当な場所で下車して、再度他の車両を止めて検査を行う、彼らは朝から晩までバス運行区域内を行き来する、自社のバスを乗り渡って車掌の売上金をチェックしてあるいているわけです。

vl-5-080611-5
 ( 途中のオロンガポ駅、荷物倉庫には荷物のほか、生きたニワトリなどが入る ) 

私が乗車するサンバレスからマニラまでの、5時間の走行時に彼らが乗ってこないという事はありません、ただ乗車してくる場所がわからないので、車掌は常にいつ乗り込んで来てもいいように控えの乗車券発行帳と売り上げ金、そして乗車している人数のチェックを神経質に繰り返しています。

vl-3-080611-3
 ( バスが止まれば、売子がたくさん車内に入る、食べ物から野菜類まで何でもある ) 

多いときですと、渡り鳥監査員は3回も乗車してきたことがありますね。私の乗る区間では約20名程度の監査員は常時動いていると思います。

発行乗車券の控えを見て、どうして現在の乗車人数がわかるのか不思議なのですが、切符の切り方に何か方法があるんでしょうね、一度だけですが数字が合わなかったらしく、乗車している客の切符を再度チェックをされたことがあります。

vl-8-080611-8
 ( いつもニコニコピーナツ売り(25円)のおじさん、携帯電話で撮影 ) 

切符を切らないで客を乗せたり、乗車区間をごまかしたりは出来ない仕組みが出来ているようです。それが具体的にどうなっているのか、非常に興味のあるところで、乗車すると車掌の行為を良く観察している(実は居眠りしているほうが多いのですが)のですがいまだにわかりません。

vl-10-080611-16

生の人間である車掌と監査員の二人が、目の前であれこれ動く様子に、自分の頭もフル回転しながらいろいろ想像する事は、下手な推理小説よりも非常に面白くスリルさえ感じます。

vl-1-080611-1
( マニラからは、指定のチケットを購入する、とにかくいつも混んでいる ) 

すごい長さになってしまいましたので、半分で切っておきます。ここまでお付き合いいただいた方々に感謝申し上げます。



プチッと両方クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


スポンサーサイト
06 : 00 : 34 | 放送・通信・交通 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ありがとうございました | ホーム | 独立記念日の振り替え休日>>
コメント
--ゲンさん、いつもありがとうございます--

そうですねパスポート、荷物、気をつけなければと、わかっているのですが、ついつい心地よい眠りに誘われてしまいます。
あの揺れが、睡眠にちょうどいいのかもしれませんね、

あんなにいそがしいのに、後ろの方が下車されるときには、荷物をきちんと前まで運んでくれますし、下車する方が居眠りしていたら、そろそろ下車ですよと教えてくれます。そういう気配りが、様子に似合わずものすごいですね。

ありがとうございました。
by: yas * 2008/06/11 22:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

ゲンさんです、こんにちは。

長距離バスのチェックはそうなっていたのですか。
私も利用したことがありますが、気が付きませんでした。
でもフィリピン(に限らず外国)で寝ているのはすごく危険ですよ。 
荷物、特にパスポートには十分注意してくださいね。
by: ゲンさん * 2008/06/11 15:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/41-02f2673a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。