スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長距離バス  5
2008 / 07 / 29 ( Tue )
このところ雨季らしい天気に落ち着いたようだ、昨日も朝からものすごい雨で起こされ、午前7時過ぎには上がったが、一日中どんよりした天気で時折思い出したように強烈な雨が降る、停電が無いのが不思議なくらいだ。

先日久しぶりにエアコンバス(長距離バス)に乗りました、以前も書きましたが車掌の売上金をチェックする監察人(監査役)の存在。

VL25-2-0618
( いつも満席状態のバス、途中からは争うように乗車しないと座れない )

今回は少し危険を冒して一番前の席へ座りました、そうすれば監察人を撮影することができるかもしれない、《しれない》というあやふやな言葉は、監察は車掌の切符原本を持って空いている席へ座って行うからなのです。

VL25-3-0769
( 渡り鳥のごとく、一日中自社バスを飛び乗降しながら、チェックを行う監察人 )

危険を冒しただけありました、当日は満席で監察人は出入り口の補助席のところで、チェックを始めました、おかげさまで見事に予想が的中いたしましてパチリ。

24時間休むことなく運行しているエアコンバス、本当に便利だ雨であろうが、台風だろうが、雲助運転手並みの速度で突っ走る。

VL25-6-9235

ただ、移住前から乗車していて気になったことというと、マニラの北方パンパンガ平原をサンフェルナンドまで高速道路で突っ走るわけですが、この高速道路途中で5キロほど高架橋になっています。

VL25-7-0328

この高架橋の柱がいやに細い、それで入り口での大型貨物車への代官(積載重量オーバー検査)が厳しいのではないかと思っています。

ここフィリピンも、日本と同じ地震国だから、このところ日本で頻繁に起こっている、地震がここで起こったら間違いなく崩れてしまうのではないか?と心配しております。

解決策は、早くサンフェルナンド(SAN FERNANDO)までLRT(電車)が延長してくれること、3年でマロロス(MALOLOS)まで、中国の援助で延長が決まりすでに工事に入っているようです。そこからアンヘレス(ANGELES)までは日本の援助だそうです。早めに完成して欲しいですね。

VL25-11-0408
 ( 川はすっかり、火山泥流で埋まってしまった ) 

もうひとつは、1991年6月15日に20世紀最大規模の噴火を引き起こしたピナトゥボ山 (Mt. Pinatubo)の影響で、西側に当たるサンバレス州の河川も今なお火山泥流の被害を受けている。

VL25-10-0318
 ( 上流方面、いかにもの凄い噴火だったかが想像できる ) 

下の写真は国道の陸橋(1キロ程度の長さ)であるが、この河川幅は1キロ程度(?)以上あると思うが、上流からの火山泥流で埋め尽くされている。

VL25-8-0273

右側が上流で、左側が河口で南シナ海が数キロの地点だ、上の写真の撮影は2007年2月26日で、右側に新しい陸橋建設が行われていた。現在は完成してこの新しい陸橋を通行しているのでこちらの心配は解消されて一安心。

VL25-9-0569
 ( 下流方面、向こうに南シナ海が見える ) 



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


スポンサーサイト
07 : 28 : 51 | 放送・通信・交通 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<バナナ と パパイヤ | ホーム | 練習機>>
コメント
--iinakaさん、ありがとうございます--

お互い田舎暮らしですが、iinakaさんのところは山間部、私のところはどちらかといいますと海岸沿いになりますね。

どこでも住めば都ですね、ひとつだけ異なるのは、残念ですがここはすばらしい四季がありません。

ただここの年中暖かいところが、年寄りにはちょうどいいです。 冬の寒さは若い方々にはなんでもないでしょうが、老人にはちょっと危険が一杯あります。

おかげさまで移住2年が過ぎまして、ますます心身ともに元気になりまして、100歳まで頑張ろうと思える気持ちが出てきました。ただ、もう20年早くここへ来ればもっともっといろいろできたろうにと思うこともありますよ。

私は数回フィリピンを訪れまして、すぐにここなら移住できると決めました、82歳で海外へ移住ですから、周りからの反対もものすごいものがありました。行き先がフィリピンとわかると、賛成する方は誰もいなくなりました。

それほどフィリピンは誤解された国です、80歳を超えた自分が住んでみていいところだと実感しましたので、仲間の皆さんも周りの方々に反対されること無く、冬季間だけでも気軽に遊びに来れるようしたい。

「80歳を超えたフィリピン初心者の老いぼれ」が感じたフィリピンを、私と同じ環境である一人きりの老人の方やその周りの方々向けに、少しでもフィリピンの悪いイメージへの誤解を解きたいと思いまして、恥ずかしながら 「 南の国から 」 を発信させてもらっております。

ありがとうございました、私もiinakaさんのブログ時折拝見させていただきます、お時間が有りましたら老いぼれのブログも見てやってくださいね。
by: yas * 2008/07/30 17:07 * URL [ 編集] | page top↑
--ご訪問ありがとうございました--

はじめてコメントします。
私のブログにご訪問いただきありがとうございました。
82歳から異国のフィリピン暮らしとは、驚きました。お元気でなによりですね。
年を取ったらやはり田舎暮らしがいいですね。
私も定年後は海外でのロングスティーなどを考えています。
フィリピンは興味のある国なので、また訪問させていただきます。
by: iinaka * 2008/07/30 04:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/288-bab5b026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。