スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
市場を散歩
2008 / 07 / 02 ( Wed )
昨日、晴れ、雨なし、停電なし、気温おおむね28度、薄雲がでていたが、一日中晴れていた。

pk02-2-8875
(市場の近くのカトリックの教会)

散歩をかねて市場へ、メイドが一人増えるので2段ベットを購入したり、アイロンを買ったり、かなり出費が有った。

pk02-1-0912

市場へ行くと散歩の際よりも歩数が伸びる、知らず知らずのうちに歩いているようだ、結構疲れるがそのときはあまり感じないので注意をしている。

現在有る2段ベットと同じものを、もうひとつ購入しておこうというもの、この2段ベットは下がクィーンサイズ(200x130)に近いサイズなので少し大きい。

娘が自分で歩くことができるのですが、つまずいたりすることが有るのと、生活の補助や雑用ということで、一人メイドさんを泊り込みを条件に、月額2,500ペソ(約6100円)でお願いした。

pk02-3-0911
( 電球を求めに、今は地球温暖化対策で白熱球はないすべて蛍光灯電球だ )

泊り込みなので食費もかかるから、実質月額6100円では収まらないが、泊まり込みなので夜なども補助してもらえるから便利だ。

日本なら目の玉が飛び出るほどの金額になってしまうだろう。一人きりの高齢者で、補助者が必要な方は、皆さんこちらへいらっしゃったほうがいいのではないだろうか?と思っている。

pk02-4-0907

話が逸れましたが、市場やその周りにはたくさんの家具屋さんがある、なるべく安いところということでいろいろ歩いてみた。

結局二段ベットは、女将さんが愛嬌のいいお店から購入で、価格5,500ペソ(13,300円)でした、夕方まで持ち込んで組み立てをしてくれた。

pk02-8-9069
( 組み立てに来てくれた家具屋のスタッフ、明るくいつも笑え声が聞こえる )

アイロンは、日本では水を入れて吹き出るタイプを使っていたような気がするが、メイドたちはそれでないほうがいいという、どうしてかわからないが結局300ペソ(730円)のアイロンに落ち着いた。

pk02-9-9062

雑貨品や今日の食料品である、米、野菜、魚等150ペソ(370円)を購入、途中犬の餌を250ペソ(605円)購入してトライシケルで帰宅した。

pk02-5-0904

良く考えてみるとうちでは、犬の食費が一番かかっていることになる。今月は5匹とも狂犬病の注射をしなければならない。

確か昨年は、1匹150ペソ(360円)かかったから、今年は5匹で750ペソ(1,800円)かかる。ほとんどの犬は注射していないという、無料でも5割まで行かないだろうという、狂犬病の可能性が有ったほうが番犬の意味がでるからだという。

pk02-6-0898
( トライシケルの運転手さん、市場から料金は一人17円 )




プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!





スポンサーサイト
05 : 30 : 49 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<散髪 | ホーム | 第3次石油危機>>
コメント
--ゆずさん、ありがとうございます--

ここは田舎ですが気候的な面ではすごく過ごしやすいほうだと思っております、フィリピンにも軽井沢のような避暑地があるのですが、そういうところを除けば、ここは平均気温28度ですから、フィリピン南部の方と比べたら灼熱という感じからは程遠い過ごしやすい気温です。

ここは距離的には、ミンダナオのダバオ市よりも、台湾の方が近いところですので暑くないのかもしれません、もう一つはどんなに雨が降っても浸水ということが無いです。

これには驚いております、他の地域は床上浸水などが普通の豪雨でも、砂地のせいも有りまして水害からは避けられています。

海岸地帯なので、常に風が吹いておりまして、気温よりも体感温度は数度下に感じられることも、過ごしやすいことのひとつかもしれません。

もちろん日本と比べたら、不便な点はたくさん有ると思いますが、時計を見ることはまずありません、急がずゆっくり、ゆったりした生活なので、あまり不便さを感じる事は有りません。

私の年代ですと若いころは、こちらの生活状況よりもひどい生活をしておりましたから、かえって若かったころを思い出さしてくれて、懐かしささえ感じることが多々有ります。


狂犬病はまわりに聞いても、よくわからないと言っています、完全に発病している犬は凶暴性がすごいらしいのですが、通常の犬で狂犬病の菌(?)を持っている犬は見分けがつかないようです。

注射はほとんどの犬がしていないようです、注射をしたら番犬としての意味が無くなるということらしいのですが、注射自体がこのへんの軽作業労働者の1日の日当に相当する、150ペソ(360円)ということも問題のようです。

うちのメイドも市場に行くときに犬に噛まれまして、病院で期間をおいて5回注射をしました、1回の注射液が二人分なんですが、相手が見つからないと1,300ペソ(3,120円)と高価注射液なので困るようです。

毎日のようにたくさんの方々が、注射に来るそうですので相手はすぐ見つかるそうです。日本では狂犬病の注射液など探すのに苦労するかもしれませんが、ここは普通の薬局に常に置いてあります。

私は毎日散歩をしておりますが、危険雨にあった事はありません、かまれましたら必ず医者に見てもらい注射をすれば問題はないようです。

若い方には、すばらしい四季のある日本がいいと思いますが、私のような高齢者は、とくに、一人きりの老人はこちらへ来て、健康と笑いを取り戻していただきたいと思っております。

by: yas * 2008/07/02 14:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちわ、28度ですか!フィリピンはすごしやすい気候なのでしょうか? 話は変わりますが狂犬病の犬と病気でない犬の見分け方はどう見るのですか?
by: ゆず * 2008/07/02 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://zambales.blog98.fc2.com/tb.php/129-9f6bfba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。