スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新年のご挨拶を申し上げます
2009 / 01 / 01 ( Thu )
年賀南国

謹んで新春のお慶びを申し上げます

   丑歳元旦



スポンサーサイト
00 : 00 : 58 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
収穫
2009 / 01 / 02 ( Fri )
新年を迎え収穫祭のような大袈裟なものではないが、縁起をかついでパパイヤの収穫を行った。

lv02-1-0879

写真を見ていただければお分かりのように、ここまで手が上がるようになりました、リハビリのおかげですね。

lv02-2-0758

収穫したパパイヤは少し寝かせまして、後日いただきますが、自前のせいか非常においしくいただけます。

lv02-3-1839



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

07 : 15 : 30 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
冬季間は暖かいところでどうぞ
2009 / 01 / 03 ( Sat )
皆様お正月はいかがお過ごしでしょうか? こちらは連日30℃を越す暑さでなんとなく夏場の感じで、正月のイメージがなかなか湧いてきません。

年中27℃~34℃程度の気温ですから、年中半そでシャツに、半ズボンにスリッパ姿です。

lvxx-89-0954

この寒い冬季間は暖かいこちらでゆっくり過ごしてください、暖かくなったら日本へもどればいい、たった飛行機で4時間の場所ですから。

10月7日に生まれた子犬が(まだ日本の孫たちが名前をつけない)そろそろ3ヶ月になる、もう昼間は一族の5匹と共に暮らしている、茶目っ気たっぷりで親たちよりも大きくなった兄貴分3匹も困った様子。

lv03-2-1807

シャンプー付シャワーはみんな大好きで、みんなじっとしてシャワーを受ける、子犬も同様でやはりシャワーは気持ちがいいんだろう。

LV7-2-1891

新年早々ハデハデのジプニーを市場で発見しました。マニラなどは、ものすごいジプニーがたくさん見れると思いますが、この辺では地味そのものなんですが、たまにはハデハデのジプニーを見ることができます。

lv27-3-1766



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

07 : 05 : 06 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
だいこん
2009 / 01 / 04 ( Sun )
曇り時々晴れ、30℃、風ありで快適な正月だった、もちろん雨は降っていない。

lv27-3-1685

日本から太目の大根が届きましたので、さっそくアドボプシット(ADOBO PUSIT)の食材に、スープがしみこんだ大根はおいしいですね。

lv27-1-0777.jpg

もう一品ご紹介、マグロの切り身を炭火で焼いたものが、入っているペサ(PESA)はなかなかいけますよ。

lv27-9-0951



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

07 : 00 : 25 | 食 事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
農場
2009 / 01 / 05 ( Mon )
天気は相変わらず、午後から雲が出てきた、気温29℃、朝夕が少し寒くむく感じられるといったらお叱りを受けてしまいそうだ。寒いといっても25℃を下ることはないからだ。

lv04-1-0837

ここは観光地ではないから、観光目的の方は3日と持たない、あの冬の寒さを身にしみて感じた経験を持つ方々は、何がなくてもこの場所をありがたいと思ってくれる。

lv05-5-0054

今年初めて農場へ行ってみた、透光率約50% 程度の日よけ、と言うよりも犬猫の侵入防止や防鳥と言うことなのかもしれない。

lv05-6-0049

ペッチャイ(Petchay)、ムスタサ(Mustasa)、レタス(Lettuce)などを作っているという。

この程度なら自分でもできそうだ、と思ってしまうところが恐ろしいわけだ。土もなかなかいい土だ、近くから落ち葉を集めて腐葉土を作っている。

lv05-8-0058




プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

06 : 54 : 46 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
バターン死の行進の標識
2009 / 01 / 06 ( Tue )
ここからマニラへ出るときは、サンバレス州の南端オロンガポ市の峠を越えてバターン州ディナルピハン町を通過してパンパンガ州へ出てマニラへ向かう。

LV06-1-0027.jpg
68キロ地点のディナルピハン町の交差点を、行きも帰りも通過する

このディナルピハンの3差路(パンパンガ州行きとバターン半島行き)から約15キロは戦時中にも利用した道路を通過する。

LV06-3-0034.jpg
標識は偶然かも知れないが、学校の前に立つことが多い

この旧道15キロ間、「バターン死の行進」の出発地点である半島の南端マリベレス町を起点に、1キロおきにパンパンガ州サンフェルナンド町まで立てられている「バターン死の行進」の標識(68キロ地点~83キロ地点)がいやおうなしに目に飛び込んでくる。

LV06-7-0037.jpg

フィリピン戦線でも激戦地の一つであったと聞く、半島の南端サンマット山には勇者の廟と記念館があると聞く、一度たずねて合掌しなければならないと考えている。二度と悲惨な戦争がおきないように。

LV06-2-0040.jpg
83キロ地点、左バイパスへ、右旧道と分かれる



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


06 : 40 : 52 | その他 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
年賀状ありがとうございました
2009 / 01 / 07 ( Wed )
皆さんに年賀状は日本の連絡所へ送っていただくので、私のところへ届くのはちょっと時間がかかります。今年は昨日6日に届きました。

いろいろな激励のお言葉ありがとうございました。

LV07-3-1825

一枚一枚懐かしく思い出しながら拝見させていただきました、これもまたぼけた頭の体操になります。しばらくぼけた頭でいろいろ思い出しながらゆっくりと拝見させていただきます。

息子からは 「 何度も何度も同じ年賀状見てる 」 と言われますが、それがまたいいんですね。皆さんから自筆の添え書きなどを観ながら、あれこれ過去を紐解きながら思いにふける幸せ、ありがとうございました。

LV07-1-2483

私が南の暖かいところに移住していることからか、きびしい寒さに耐えていらっしゃる様子が書き込んでいらっしゃる方々が多い。

その寒さに耐えられなくて82歳で常夏の国へ移住したわけなので、その思いが身にしみてわかります。

私が年賀状をいただく皆さんは、ほとんどの方がすでに仕事を離れて自由人となられた方々、狭いあばら家でなんにもおかまいできませんが、ぜひ暖かいところへたずねてみてください。

LV07-2-0692

長い間日本のために働き年老いた方々は、寒い冬季間には暖かいところでゆっくり過ごされてもよろしいのではないでしょうか?

《 お詫び 》
今年の年賀状は、12月初めに日本へ持参してもらい、12月15日に成田空港内の郵便局へ預けました。

喪中のはがきいただいた方11月分までは賀状控えさせていただきましたが、以後の分は賀状送付してしまいましたことお許しください。



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

06 : 54 : 56 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりに山方面へ散歩
2009 / 01 / 08 ( Thu )
このところ曇り空が多いが、なるべく青空の見える時間帯に撮影をして、きれいな空をお届けしているが、今日はちょっと無理のようだ。

一日曇り空、気温29度で湿度がなく過ごしやすい日だったが、やはり太陽が照っている快晴の日が気持ちがいい。

lv07-1-2534

インターネットの調子が悪く8日はお休みかな?と思っていたが、何とか写真を送信できた。写真の送信が一番時間がかかる、もっともメールも調子が悪かったから、回線自体に問題があったのだろう。

余りせかせかしても仕方がないので、のんびり構えるようにしている(慣らされてしまったという方もおりますが)、そんなに急いでも仕方ありませんから。

lv07-2-0298

久しぶりに新年のご挨拶がてら、山方面へ散歩しました皆さんでベットを初めとする竹の家具をせっせと作られておりました。

lv07-3-0301

ここの地域のゆっくりしたペースが、84歳の私にはちょうどぴったりします。

せかせかした秒単位の生活はここには有りません、本当にのんびりした人間本来のテンポで生活をさせてもらっております、このテンポですとストレスも何も生じません。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

06 : 29 : 22 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
蟻との戦い
2009 / 01 / 09 ( Fri )
朝から曇り空、気温30℃、風あり、雨無し、暖かい一日だった。インターネットの調子が非常に悪く、半分あきらめ状態が続いている。

lv09-1-0360

植木鉢をあげている板にありが巣を作っていることがわかった、厚い板を2枚重ねておいたのがいけなかったらしい。
板の間に人にも噛み付く赤いありが巣を作っていた、フィリピンでは各種の蟻が出てこれらの蟻との戦いが生じる。

lv09-2-0334

あの手この手を使って蟻を追い出そうとするがなかなか手ごわい、最終的には蟻殺しのスプレーに頼るのだが、これがまた人間にも害がある様な感じがするので息を殺しながらスプレーを使用する。

lv09-3-0339

しばらくは蟻との戦いが続きそうだ。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


07 : 00 : 49 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
五目御飯
2009 / 01 / 10 ( Sat )
朝から曇り空非常に微妙な判断ですが、とりあえず曇りとしておきましょう。午前中30℃だった気温も午後は27℃~28℃程度でした。雨無し、風ありで、暑さは感じられない天気でした。

lv10-8-2602.jpg

残り物整理でもないが、年末に食べなかったパックの五目御飯をいただいた、こちらで生活しているせいか、大変おいしくいただきました。相変わらずの質素な料理でした。

LV10-7-0273

スープは昨年来、賞味期限が切れている乾麺があるので、廃棄処分はせずにうどんを作っていただいた。五目御飯があったので、スープを中心にいただきました。

LV10-8-5505.jpg

日本でならば、いただかないで廃棄処分にするようなものでも、ここでは大変なご馳走となることが多いです。そういえば昨年は日本で騒がれた、賞味期限改ざん問題がありましたね、ここでは頂き物は賞味期限が切れることも普通になっております。

LV10-2-4844

頂き物が食べきれないこともあります、特にカップラーメンなどのラーメン類やそばうどんなどの乾麺類はすぐに期限が切れてしまいます。

期限切れの前にいただくものはアルコール類、これは期限どころかアットいう間になくなってしまいます。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!




07 : 05 : 28 | 食 事 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
市場
2009 / 01 / 11 ( Sun )
このところ時折強烈な太陽が顔を出すこともあるが、ほとんどは晴れでも薄雲がある晴れのことが多い、雨なし、気温29℃過ごしやすい気候だ。

LV09-7-0428

市場は建物の中の店舗と外にテントを張った店で構成されている、組織自体はよくわからないが、ここのような町には中心部に教会と市場と役所がある。

LV09-6-7291

ここの場合には人口は少ないが、一応州都なので州庁舎やPNP(フィリピン国家警察)
のキャンプがある。

LV09-2-0010

市場は地域の人々が集う場所で歩いているだけで楽しい、皆さん気軽に声をかけてくれるし親切だ。ここにくれば、品質は別として何でも手に入る。

LV09-6-7993

アンパラヤ(AMPALAYA・キロ25~30ペソ前後-50~60円前後-)は、油を使ってたまねぎ、豚肉、にんにくたまには卵などと一緒に料理されるギニサ(GINISA)と言う料理(上記写真)などに使われる。




プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


06 : 43 : 02 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
うり
2009 / 01 / 13 ( Tue )
最近インターネットがつながらない、夜中はつながるようだが、そのころは眠ってしまっている。11日の更新も息子が帰るときに、バス停の前のレストランで更新をしてくれたと聞いた。

LV11-1-0269

息子はそのまま海外へ出張といっていたから、今頃はヨーロッパだろあと言うよりもマニラへも戻らないのだろう、今月末に一度来るとは言っていた。そのようなわけで、また更新できなかった。今回も更新ができないと、数週間はお休みをするしかない、この文章が皆さんに見ていただけることを祈る。

LV11-5-0263

たまに私のところで日雇いをする農家を尋ねた。
ちょっと小さめだが庭の瓜がたくさん実をつけていた。食料にすると聞いた、なるべく自分の家で食するものは自前でと言うのが風習なのだろう、どこの家でも何がしかは作っている。

LV111-6-0262

家の隣の原野ではトウモロコシとカボチャを作っていたし、鶏、ヤギが放し飼いで飼われている、これぐらいの耕地があればかなりの人数で食す野菜などを作れるだろうなと考えながら帰宅。

LV11-7-0266



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


05 : 27 : 44 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
バナバ茶製造
2009 / 01 / 14 ( Wed )
このところぱっとしない天気が多い、曇り、時々晴れ気温30℃、雨なし、風あり、暑さは感じない。
昨年10月ごろにもご紹介したバナバ茶、これは日本では 『 オオバナサルスベリ 』 というらしい。

lv19-8-1679

書籍によると、《 コロソール酸(コロソリン酸)が多く含まれ、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、タンニンなどの含有量が多く、食物繊維も含まれている。血糖値を下げる効果があることから、糖尿病に効果があるとして注目されている 》 と、いうことらしい。

LV19-2-0280

この辺では書籍などあまり見ないから、自然に昔から飲まれていたのだろう、散歩で言った先の農家で、私が血糖値が高いと話をしたら、この葉っぱを持っていきなさいといわれたのが始まりだ。

LV19-3-2538

飲んでいて血液検査の結果、血糖値が下がってきたので、本当に効き目があると知った、さらにマニラの息子に話をして、バナバ関係の書籍を数冊手に入れたら、書籍にも血糖値が下げると書いてあった。

LV19-5-2636

この葉っぱを飲み始めて8ヶ月ほどになる、毎回近所に葉をいただきにあがります。陰干しをしてお茶にしていただきます。このバナバ効果に、さすがの息子も脱帽してマニラでこの茶を飲んでいる。



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!



06 : 17 : 03 | 生 活 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ロボットと暮らす
2009 / 01 / 16 ( Fri )
先日日本から来られたお客さんが、飛行機の中で配るミニコミ誌のようなものを置いていった。観ていたら「ロボットと暮らす」と言うコラムがあった。

もう日本の老人ホームなどには、犬や猫などのペット代わりにロボットが置いてあり人気者になっているという、声をかけてくれるだけでなく一緒に散歩もしてくれるらしい。

LV12-11-0276

ロボットが使用されているのは、車の製造現場などだけなのかなと思っていたら、われわれ自身の身近なところへも進出していることを知って驚いた。

近いうちに人間と話をして、人間にサービスを提供してくれるロボットも登場するのだろう、それはロボットが人間並みというよりも人間以上の頭脳や力を持ち、あらゆる言葉を話すようになるのだろう。

LV12-5-0227

私いはそのころは、この世に存在しないだろうが、こういう田舎に多くの人達に囲まれながら住んでいると、あらゆることが人間で済むことで、果たしてロボットが必要なのだろうかと思ってしまう。

老人クラブ連合会の会長職を長く勤めさせていただいたが、やはり孤独な老人の方がいらっしゃった。

もっと老人を地域の中へ、社会の中へ誘い込んで、周りの人達と一緒に暮らしながら、孤独な老人を少なくしていくことが大切と思う、まだまだロボットに頼らなくても地域の人達で十二分に対処できるような気がしてならない。

こちらの言葉に 「 コマインカナ 」 と言う言葉がある、昔の福島の言葉で 「 よってがんしょ 」 と声をかけて、梅干や菊の酢漬けなどと空茶を出した感じとよく似ています。

人を見て第一番に怪しむことなく声をかけて、あるものを出してのんびりと話し込む、そして高齢者を敬うなどの精神が、今の日本に欠けていることかもしれないな。



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!


07 : 00 : 46 | その他 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
長らくお休みいただきました
2009 / 01 / 22 ( Thu )
このところお客さんがいらっしゃっていましたのと、疲れから寝込んでおりました、さらにインターネットが深夜でないと繋がらなかったことなどで、皆様方にはご迷惑おかけいたしました。

LV22-2-0472

無理せずゆっくり更新させていただきます。

LV22-5-0592

本日コメントにつきましても随時返事をさせていただきます。ぼけておりますので、ぬけているところがありましたら、お詫び申し上げます。

LV22-1-0530




プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!



19 : 45 : 19 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
介護学校訪問
2009 / 01 / 25 ( Sun )
年明けに、自分もいずれ世話になる介護士を養成している、介護学校を訪問する機会を得ました。

訪問したのは、マニラ市内のすでに1000人以上の卒業生を出してるという、比較的大規模な介護学校。

LVKG-3-3399

学校は数箇所に分かれていると聞きましたので、時間の関係で2箇所を見学させていただきました。

一日目は、ビル数回を利用しており、卒業生は近くのUSTというマニラでも大規模(福島医大より大きい)の方に入る病院で実習を行っていると聞きました。

LVKG-1-3266

翌日は統括本部のあるケソン市へ、ここはビルディング2階から4階まで全フロアを利用して、教室以外に実習用にまるでテレビ局のセットのように、一般家庭の各部屋、病院などの病室などあらゆる部屋が設定されており、ここで実習訓練が行われているようです。

卒業生はやはり英語圏へ出ることが多いようですが、日本向けに一般日本語だけでなく介護関係の日本語の会話も勉強しておりました。

LVKG-2-3289

文字だけでなく絵がふんだんに入っていて、これを本当にマスターしたら十分日本でも介護ができると感じました。

日本で永住権を得られているフィリピン人の介護士が、日本の介護施設で人気を得ていると聞きましたが、フィリピン人の明るさは我々老いぼれには、元気をいただくことが多々あります。

LVKG-5-3433
ここはキッチン実習訓練室、このようにあらゆる模擬実習室がある

介護関係の生徒さんもやはり同様に明るく、更に年寄りを敬う風習がまさに介護士にぴったりといった感じがしました。

ただ残念なことに、日本へ行くことを希望している方は少ないと聞きました、理由は言葉の問題よりも雇用条件が英語圏の国々のほうがいいということです。

また、それらの国々へ行きやすいように、マニラに雇用促進を図る職員が配置され積極的に勧誘をしていると聞きました。

LVKG-6-3439
日本語の教科書、絵もふんだんに入っていて覚えやすい

簡単に言えば、「 来たいなら来なさい、ただし3年ですよ 」 と言う国と 「 ぜひ我が国へ来て働いてください、3年働いてそれ以後も働く希望なら家族を呼び寄せてもいいですよ 」 と、言う国の差といった方が、わかりやすいかも知れません。

海外へ出てしまいフィリピン国内では、介護士不足が心配されていると聞きましたが、介護学校を訪問してみて、少し安心いたしました。


プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!

08 : 29 : 11 | 医 療 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
移住を決断させたこと
2009 / 01 / 28 ( Wed )
私は昔から寒さに弱く、80歳を超えてますます 「 どこか暖かいところできれば冬のないところへ住みたい 」 と考えるようになりました。 ただ、海外ということは余り考えなかったので、長男が25年も住んでいるフィリピンへ来るとは思いませんでしたが、「 とりあえず、常夏だから一度来てみたら 」 と勧められて、3度ばかりフィリピンを訪れてフィリピン生活を体験してみました。

フィリピンの感想は、暖かく高齢者の私には非常にいいところで、気候的にはまったく申し分ないところでした。言葉の問題と滞在したのが首都マニラのため空気があまり良くないと思いましたが、フィリピンに来てみて非常に驚いたのは物価の安さでした。

LV28-1-2650

物価は感覚的には、5分の1程度と思われましたが、日本人がフィリピンの方と全く同じ生活はできないので、どうしてもある程度高価なものを必要としますので、実質的には2分の1から3分の1程度で生活できることです。

それともうひとつは若い方々が非常に多いこと、労働力が余っている関係で、人口の1割は海外へ出稼ぎに出ているそうです。それでもフィリピン国内には若い人が余っており、人権費は日本と比べたら、考えられないほどの金額です。

私が川俣町(福島県)で週5日間(1日3時間)夕食の準備で頼んでいたヘルパーへの人件費の支払いは、当時月額3万5千円でした。

ここでは住み込みで働くメイドさんが、一人当たり1ヶ月6,000円で、炊事、洗濯、掃除、買い物などなどなんでもこなしてくれます。外回りの日雇い男性は1日10時間で300円ですが、私は倍額の600円を支払っております。

このように人件費が安い、将来を考えて車椅子生活になったら、介護が必要になったら、といろいろと考えると 「 日本では生きていけるのか? 」 と言う疑問に突き当たってしまいます。そう考えたときに、介護などの人間を簡単に雇い入れることができる安心感がフィリピンにはありました。

この 「 気候 」 と 「 物価 」 と 「 人件費 」 の3点で、フィリピンへの移住を決めました。


その3点の他に心配のことといったら、「 治安 」 と 「 医療 」 でしたが、「 治安 」 については、息子が25年住んでいるところですから、あまり心配はしませんでした。3回ほどフィリピンへ来て見て、回りのフィリピン人の方々も親切で危険を感じるようなこともありませんでしたし、田舎に住むようになってからは、更に親しみが湧いてきました。

「 医療 」 については、フィリピンの3回の体験の際に、マカティ市の日本人会診療所を見学しまして、日本人の医師の方が常駐されていると聞きまして、とりあえず安心しました。また、大きな病院もあるのでそれほど心配も要らないと思いました。

日本でも最近は医師不足のせいか、医者の利用の仕方をだいぶ騒がれているようですが、ここでは風邪やちょっとした病気はかかりつけの医者(ホームドクター)へ行き、手術や各種の大掛かりな検査が必要な際に、ホームドクターの勧めで大きな病院へ行くようにしております。

大きな病院の医者は大概アメリカへ時折行って、研修などを受けているので信頼感があります。それでも日本語がわかっていたほうがいいとか、年1回の健康診断は日本人会の日本人医師にお世話になっております。

82歳のときに気がついたらフィリピンへ移住をして、今年85歳の誕生日を5月に迎えます。



プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!



13 : 33 : 34 | フィリピンへ どうぞ! | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
老人施設訪問
2009 / 01 / 31 ( Sat )
毎日晴れています、まだ外へ出ることを禁じられていますので、いらいらしながら我慢をしている所です。

先日マニラへ出たついでに、一人きりの老人ホームを訪ねました。

場所は中心地のマニラ市役所の向かえ側、SMと言う巨大なショッピングセンターの隣だ。

私は日本の施設を考えて、市内からかなり離れたところにあるのかと思っていましたが、市の中心部に広いスペースを取って施設がありました。

LV123-3-0246

たまたまかもしれませんが、フィリピンの老人を敬う習慣がこのようなところへ施設を造らせたのだろうと思いました。

100人弱の身寄りのない方々が、施設に入られておりましたが皆さん明るい、私は人種のことについては疎いのですが、ラテン系と言うのは本当に明るくくよくよしない性格なんだといつも感じさせられます。

LV123-1-0240

もう一つ驚いたのは、フィリピンは大家族の家庭ばかりと思っておりましたが、身寄りのない一人きりの方もいらっしゃることに驚きました。

私が連合会会長職をしていた福島県の老人クラブも強制加入ではありませんでしたが、一人きりの方もいらっしゃいました。

家族と一緒に暮らせれば一番幸せかと思いますが、人それぞれの事情で一人きりの生活を過ごされている方々も、たくさんいらっしゃいます。

LV123-2-0241

私も妻がなくなってからは、病気がちの娘と二人で私自身も欝で悩みました。老人クラブに没頭することで3年ほどで何とか抜け出せました。寒い国から年中暖かい常夏の国に移住をして、一人きりの方々にぜひこちらで過ごしていただきたいと考えるようになりました。

家族に代わる仲間同士で、年中暖かいところでのんびり過ごせたら、心身ともに健康を取り戻せることができます。

そういうことをマニラの施設で皆さん和気あいあいと暮らす方々を見て強く感じました。




プチッと両方クリックご協力お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!
07 : 05 : 43 | 医 療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。