スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
散歩道の家族
2008 / 05 / 22 ( Thu )
雨が降らない限り、毎日朝夕1時間ほど散歩をします。
9月から4月までは、ほとんど雨が降らないので、必ず散歩になります。

kazoku-b1

5月から8月の間は、時折雨が降りますので、時間を変更して雨の降らない時間帯に、短い散歩となります。

そのときの気分で、海へ向かうか川の上流へ向かうか決めます。
川方面は山の方になるので、街はありませんがところどころに家々があり、言葉はあまり通じませんが、心が通う家族が多く住んでいます。

kazoku-b2

写真の家族は、3家族がまとまって住まれております、時々寄らせてもらうのですが、家族の総数は不明です30名ほどでしょうか?言葉がわからなくても意思は通じます。

いつも高いマンゴの木に登ってビニール袋いっぱいグリーンマンゴをいただいてきます。

kazoku-b3
( 背の高いマンゴの木へ、あっという間に上がり袋をいっぱいにする )



プチッと両方クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ
ご協力ありがとうございました!
スポンサーサイト
06 : 13 : 23 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
散歩道の家族 2
2008 / 05 / 24 ( Sat )
前回は、山方面の散歩コースの家を紹介しましたが、今回は浜辺の散歩コースの家族をご紹介します。

1kazokuumi-1

この辺の海岸は、海水浴に向いている浜が多いのですが、海に突き出た海岸は地元の漁師が小型の手漕ぎボートで漁をしています、ざっと80隻程度でしょうか?

ほとんど仕事はしていないかに見えてならないのですが、市場に出す程度の魚は捕ってきているようです。

日本式の言うと、浜辺には、市場へ魚を持ち込むブローカーが現金を腹巻に、今朝の魚を浜辺の人たちから買いあさります。

1kazokuumi-2

もちろん私たちにも魚を分けてくれますので、いいものがあれば散歩は中止で、購入した魚を手に自宅へ戻ります。

皆さん今日の食い扶持分しか漁をしていないような感じです、後はのんびり一日海岸で、一杯飲みながら賭けトランプやら昼寝やら、いたってのんきに暮らしているようです。

みんな明るく、気さくで、常に笑い声が絶えない人たちです。

1sanpoumi-3

「 あくせくしてもはじまらないよ、のんびりいこうよ、さあ、あんたもこっちへきていっぱいやりなさい 」 と言う感じです。



プチッと両方クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!
06 : 00 : 58 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
散歩道の家族 3
2008 / 06 / 03 ( Tue )
一昨日:このところ雨がふらなくなった、一日中快晴の天気だったので、先日の燃えるような夕方の空を思い出して砂浜へ出てみた。

砂浜は普通の道よりも少し疲れますので、あまり長距離は歩かないようにしています。暗くなってしまったので、帰りはトライシケル( Tricycle : オートバイの横に座席をつけた三輪車)に乗って帰った。

snp-080531-172

歩いていたら、小型自転車のサイドカー(小型自転車に小型のリヤカーを取り付けたようなもの)で、バナナキュー(Banana Cue)、ダイン(ドライフィッシュ?)やミックス野菜(家族の少ない人が購入するのかな?)を売り歩くオバさんに出会った。

バナナの葉っぱに包まれたのが、人気のバナナキューで、油で赤砂糖がからめてある、これって日本のお祭りでテキヤが販売しているのと似ているな?案外原点はフィリピンなのかもしれないと思った。

snp-080531-6175

夕日のことを考えて、少し遅く出かけたので孫たちは連れて行かなかった、途中顔見知りの家族をパチリッとしながら浜に出た。

少し遅かったみたいだが小型三脚にデジカメをつけて、パチリと撮影するが、シャッターを押したときに、どうもカメラが動いているような気がしたので、出来る限り多く撮影した。

snp-080531-2372

ほんの10分足らずだったと思うが、あっという間に周りは暗くなってしまった、しかし写真は難しいですね。

雲と海の間の赤さはきちんと写っているのですが、その上部の空は青空になってしまっている。

snp-080531-6226-3

50枚ほど写した写真は、1割もピントがあっていないというより、カメラがぶれているのでしょうね。

でも、ここに載せる写真があってよかったです、カメラのぶれば安い三脚のせいにしてしまいましょう。

snp-080531-294
( この写真の撮影時は、肉眼では周りは真っ暗です、カメラの目はすごいですね ) 






プチッと両方クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!



05 : 38 : 13 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
散歩道の家族 4
2008 / 06 / 06 ( Fri )
毎日毎日晴れ渡っている、気のせいか少し湿度が高いような気がする、マニラなどへ行けば強烈な熱地獄を経験するが、ここは砂地だけに水はけも良く、そよ風も常時ふいているので湿度もマニラほどひどくない。

snp-20854-1
( 途中の家族の皆さん、幸せな家族です )

このところ散歩をサボっている、ブログに時間をとられているせいかもしれない、若い方ならあっという間なのだろうが、私のキーをたたくスピードは天下一品だから、人の3倍以上、いやもっとかかってしまう。

散歩ではどこへ行っても見知らぬ私を温かく迎えてくれる、私が老人のせいもあるという、老人であることがこんなに徳をする国もないだろう。

snp-20725-1
( 時折アイスクリーム屋に出会う、1個5ペソ(約13円)の小さなアイスだがおいしい )

この事はここに限ったことでないフィリピンは老人を大切にする社会だ、家族内では老人が中心で敬われている、まず邪険にされたり無視されている老人を見たことがない。

snp-020717
( 途中の小さな小学校で、みんなサット集まってくれる、明るい子ばかりだ )

街では態度で表される、LRTではほとんどの若い方が、老人やおばさんを見たら意識せずに自然に 「 サッ 」 と席を立って譲る、まず寝たふりをするような事はない。

荷物を持った老人やおばさんがいれば、荷物を持ってバスや電車へ乗る、バスの後部座席からなら前まで荷物のリレーが行われる。

snp-20868-1
( 疲れたら途中のバハイクボで小休止 )

都会でこれだから田舎はさらに調子が上がるわけです、私がどこの馬の骨かわからずとも、親切にしてくれる皆さんに感謝いたします。

snp-20748-1
( やっぱりみんなでいただくビールは美味しい、笑い声が絶えません )

とにかく若い人があふれている、若い国フィリピン、これからの国フィリピンです、日本や韓国がそうだったように、若い人口ボーナスを得て先進国並みの国家へ成長すべく頑張ってもらいたい。

84歳の私には、その姿を見ることが出来ないのは残念ですが、きっとそうなるであろうと願って止みません。


一人でいて笑いが消えていました

みんなでいると笑いが出ます!




プチッと両方クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓       ↓↓↓↓↓↓↓      
b_02 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

ご協力ありがとうございました!




05 : 17 : 42 | 散 歩 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。